Jul 17, 2018

1+1=2


【1+1=2】


我々日本人は昔から、
「1足す1は2だよー」と先生や親や先輩方に教えてもらい育ってきました。

 

 

一先ずそれには礼を言っておこう
「ありがとうございます!」

 


この『1+1=2』を疑問視したことがある人っていますか?

 

 

福地真也はいつ頃かは忘れましたが、
「1+1=3」でもよかったんじゃないのかな?
とか
「1+5=2」でもよかったんじゃないのかな?
とかって思っていました。

 


1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、、、


って順番で教え込まれたけど、
どっかで何かが違ってたら

1、4、3、2、5、6、7、8、9、10、、、
って順番になってたかも!!

 

なんて想像しては頭の中で遊んでました。

 

 

 


そんな事を友達にこう言うと
「2ってさ!!!3だったかもしんないよね!!」

「は?」

「いや、だからね!2って2だって教えられてきたけど、3って書いてみんなが認識してる2だったかもしんないじゃん!」

「まぁもしそれで決まってたらそうだけど、、、で、なに?」

 

 

予想通りの会話だよね!笑

 





いや、別に3が2で2が3でワタシがあなたであなたがワタシ、とかって言いたいわけじゃないわけ。

 

 


その一つの会話で言いたかった事ってもっとたくさんあって、
一つじゃないわけ!

 

実にめんどくさいトークをするやつ
って事になるんだけど そこには

 

 

『なぜに1+1=2の2が1と1をたさなきゃならんのか!?』
ってとこが氣になってシャーないわけです♪

 

 

別に答えが2になりさえすれば1+1じゃなくてもいいわけ。


 


もっと計算しやすくするために数字を変えてみるね!!


3+3=9

 


普通に考えたらおかしいじゃん?

でも、9を作りだすのが大事なんであって、
その前はいろんなパターンがあっていいと思うの。

3+3の“+”が実は“×”だったら答えは9になんじゃん?




これまた
「で、なに?」
って言われそうどけどさ!笑

 





それでね、
今回ね、
一番言いたかった事ってね!

 




福地真也は学校で勉強してこなかったからこそ思うことね。


要は勉強してこなかったやつの発想ですが、言わせて

 

 

それが
多くの日本人が
「1+1=2」
って感じに教えられて、それを反芻し、何も考えずに答えを求め、公式を大事に持ち歩いてる。


 

その弊害が

 

何か行動したい時に

 

狭くさせられた視点で

 

何かと何かを足そうとする

 

その足そうとするものの完成度ばかりを氣にして

 

目的を見失う

 

 


そして完成する前にもっと良いと勘違いしたものに

 

また没頭し完成度を上げる時間を

 

時間なんてございません!と言う時間を割いて作ろうとする

 



その結果

ワタシには何も無い!



そんな捏造された勘違いを引き起こす。

 





違う違う!!

視点がズレてるのよ!!
(多分)


 



なんか知んないけど
多くの方が8って最終地点に行くには
4+4しか無いと思ってるよね。

 

2×4もあるよ!
3×10÷2-7もあるよ!

 

 


そんな感じに答えを導き出すには
沢山の道がある!!
ってのを知って動かないと
修正もできんぞー!

 

 





と言う事でまとめると
「疑問視」「目的地までの道は無限」「完成度を高くする志は大事、でも行動が先」「福地真也は学生時代勉強してなかった」
って感じでございます。

 



もちろん全ての人に上記のような事が当てはまるか?
と言ったら全員では無いけど、
多くの人には当てはまっちゃう、
とは思ってますので、

 

何かを感じたり、何かが伝わったら
素直に受け入れてみてくださいませ♪



そして、
お役に立てたのなら

『シェア』をしてみてください。

 

 

完成までの発想こそ、大事である♪

 

 

Facebook Comments

関連記事