Nov 16, 2017

細胞が修復するドライヤー?


お客様からご質問を受けたので

こちらで書かせていただきます。

 

 

「福地さんいいシャンプーはありますか?」

 

という質問もまぁまぁ多いですが

 

「福地さんいいドライヤーはありますか?」

 

 

ってのも多少なり質問をいただいております。

 

 

 

自分の場合これいいよー♪

と勧められたり、聞いたりしたものを

まずホームページなり感想なりを聞いて判断し、

そこで良さそうだ!と感じたら購入するわけですが

福地がオススメするドライヤーですが

もちろん購入して体感してみました。

 

 

 

まず、福地の感想ですが

まぁ「おお!!!すげー!!!」

とはならずに「前使ってたやつよりはいいかな」

ってぐらいです。

 

髪に使うのでしたら

絶対に女性の方が上手な感想を言えると思っています。

 

 

 

なんせあんまり氣にしたことが無いからさ。。。

 

髪そんなに長く無いし、

艶がとか別に氣にしないし、、、

 

 

なので女性が使ったら髪に関してはもっといい声が出ると思います♪

 

 

 

 

 

はい!

先ほどから髪に、髪に、

と言ってるのには理由があり、

このドライヤー髪にだけ使うのは勿体無い!!!!!

 

 

 

ここで、ホームページの文章を引用してみますね。

 

 

【美髪&美容効果を高めるために
“しっかりあてる” “近づける”】

ひたすら髪に良いドライヤーを追求した結果、常識は変わりました。これまでのドライヤーは
「熱を逃がす」「できるだけ遠ざける」といった、熱から髪を守るための動作が必要でした。
しかし復元ドライヤーは違います。「育成光線」と「マイナス電子」の効果を高めるために「しっかりあてる」
「できるだけ近づける」という、これまでとは全く逆の使い方が必要なのです。

 

 

 

多くの女性が抱える髪の悩みに
自宅で出来る効果的なケアで応えたい

年齢や美しさの印象を左右する髪は、女性にとって関心の高い大事な部分。それだけに多くの女性が髪の悩みやトラブルを抱えています。「髪が傷んでいる」「パサパサする」「毛のうねりが気になる」「ツヤがない」「ボリュームがない」こうした状況を改善するために、自宅で手軽に行える効果的なヘアケア方法が切実に望まれています。そのためにはまず、ヘアケアへの間違った思い込みを見直すことが、 美しい髪に近づく第一歩です。髪の傷みに悩みながら実はあなたも、毎日の高温熱風のドライヤーなどで髪を傷めてしまっていませんか?

 

 

 

キューティクルを引き締め
潤いとまとまりを与えるために
マイナス電子を効率的に髪に届ける

私たちは物性科学共同研究に基づいた再生医療の観点からマイナス電子に着目しています。マイナス電子のエネルギーを細胞にチャージすることで、髪の健康を支える細胞を元気にします。髪への働きとして、キューティクルを引き締め、潤いとツヤを与えるのが特徴です。静電気が抑制されるため髪のまとまりもよくなります。血流も促進され、地肌のイオンバランスも保たれるなど、根本的な部分から実感しやすい手触りまで、幅広い効果が期待できます。高レベルなマイナス電子を自然発生させ、髪に無理なく届けるために、私たちは天然鉱石「酸化ジルコニウム」を採用しています。品質を高めるためにより効果の高いものを厳選し、さらに特殊製法にかけることでマイナス電子の効率的な放射を可能にしています。これに熱による増幅効果が加わります。

 

 

 

復元ドライヤーだから実現した
髪のまとまりを根本から変える
6000 ions/cm3

復元ドライヤーは、マイナス電子が発生するフィルター部分を吹出し口に配置した設計になっています。近づけて使える低温風であることが、ここでも有効に働き、吹出し口に近づけて使うほどマイナス電子の効果が高まります。※復元ドライヤーを髪や肌にご使用の際は、過度な近づけ過ぎにご注意ください。

 

 

 

育成光線
髪と地肌に岩盤浴を超える温熱効果

”温める” ことから健康が始まる。シンプルで明快なこの原則をもとに、私たちは一貫して研究を続けています。育成光線の多様な温熱効果に早くから着目し、有効性を人の健康に活かすことを常に考えているのです。育成光線は波長6~20μmの遠赤外線の一種で、細胞内の水分と共振共鳴作用を起こすなど熱エネルギーを人体へ効率良く伝えることで知られ、医療・健康分野での活用に注目が集まっています。照射された育成光線によって、頭皮に温熱効果をもたらし血行を促すなど様々な働きと共に、水分を保ちながら髪に自然なツヤを与えます。私たちが厳選した天然鉱石「温光石」は育成光線を大量に放出します。その放射率は驚異の93%。これは岩盤浴でよく使われる他の代表的な鉱石よりも圧倒的に高い数値です。

 

 

 

フィルターからマイナス電子を照射
さらに、余分な電磁波はシャットアウト

マイナス電子と育成光線を確実に届けるために、2枚のセラミックフィルターを吹出し口に設計配置。電磁波を大幅にカットする構造を採用しているので安心して身体に近づけて使用できます。

 

 

 

マイナス電子の到達数

距離を近づけることでさらに到達数が増加




育成光線の温熱作用は放射率90%を超えると飛躍的に高まることが知られていますが、それを無理なく実現しているのがこの「温光石」なのです。復元ドライヤーでは、微粒子状にした「温光石」を、熱源のヒーター部やフィルター部分に採用。熱による増幅効果も加わって、育成光線の高効率な放射を可能にしています。

※ 温光石:火成岩の一種。酸化マグネシウムやシリカ・アルミナ・酸化第二鉄・酸化カルシウムなど多種多様なミネラル物質を含み「育成光線」を多量に放出する天然鉱石。岩盤浴で使われる各種鉱石との比較データでも 温光石の育成光線放射率は非常に高い。

40℃以上の環境では「育成光線」と「マイナス電子」の放出が増幅されます。復元ドライヤーとパドルブラシを併用すると、さらに相乗効果が生まれます。

 

 

 

 

目の前に広がった可能性を
思う存分楽しみましょう

吹出し温度を低温にしたことで、髪だけではなく顔や全身にまで
用途が広がりました。顔にあてて肌を元気にしたり、
体にあててボディケアまでする。こんなに多機能であってなお
「ドライヤー」と呼んでいる矛盾を楽しめるのは、
世界でもただひとつ、この復元ドライヤーだけかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

以下も引用ですが、効果は人それぞれ違うでしょうね。

もしかしたらプラセボかもしれないし、真実かもしれない。

使った人しかわからんと思う。

(使用は自己責任で)

 

 

 

 

お顔キュっとケア(往復3回を左右でおこないます)

  1. 鎖骨に反ってドライヤーを動かし鎖骨周辺と
    首の横を上下に動かし首の横を温めます

  2. あごから耳下、あごからこめかみへと
    フェイスラインをなぞって温めます

  3. 目を閉じて目の周りを温めたら、
    あごから耳へのラインと
    首を通って鎖骨辺りを再度温めてください



上向きバストケア(往復3回を左右でおこないます)

  1. 鎖骨に沿ってドライヤーを動かし
    鎖骨周辺を温めます

  2. 鎖骨を通って脇の下へとドライヤーを動かして
    脇の下を温めます

  3. 脇の下からバストの下側の輪郭を通り
    胸の中央まで温めます



ウエストキュキュっとケア(往復3回を左右でおこないます)

  1. 外から内にそけい部を温めます

  2. あばらの辺りからおヘソの下まで温めます

  3. 背骨の脇から横を通りそけい部へ
    背骨の脇から横を通りバストの下へと温めます



まんまるヒップケア(往復3回を左右でおこないます)

  1. ヒップの上のくぼんだ辺りを
    をぐるぐると温めます

  2. ヒップの輪郭に沿って温めます

  3. ヒップの輪郭に沿って温めます




あこがれ美脚ケア(左右でおこないます)

  1. そけい部を温めます

  2. そけい部から、太もものサイドを
    二度よく温めます

  3. 内側のくるぶし辺りから膝まで温めます
    膝周りはグルグルと回しながら温め、
    最後に膝の内側からそけい部へと温めます




首・肩のケア(往復3回を左右でおこないます)

  1. 首の骨の脇をドライヤーを上下させて
    温めていきます

  2. 耳の下から、首の横を通り肩先まで
    温めていきます

  3. 鎖骨の内側から鎖骨の外側を通り
    そのまま脇の下まで温めます

 

 

 

引用ばっかですみません。

 

 

 

このドライヤーですが

聞いた話だと害ある電磁波が出ないみたいです。

 

それどころか細胞の修復を促すテラヘルツが出てるとか!!?

 

 

 

 

なので福地は髪に使うより

お腹を温めたりってのの方が使用頻度が高いです♪

 

 

 

 

質問いただいてたお客様

なんとなく伝わりましたでしょうか?

 

 

 

下記から購入できます。

 

 

 

 

 

福地が使ってる方はカールドライヤーです。

 

 

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープのオススメが聞きたい人はコメントください。

いつか書かせていただきます。

Facebook Comments

Posted in ブログNo Comments » 

関連記事