Mar 30, 2017

出雲の神様・エネルギーと繋がる開運遠隔気功


こんにちは、気功コーチングの福地真也です♪

 

4月もあの大好評のイベントがまた開催されることになりました!

そうです!!

開運遠隔気功です!!

 

 

今回は

出雲の神・エネルギーと繋がる遠隔気功

になります!

 

 

あなたは

今住んでる地域の高エネルギー体と繋がっていますか!?

※ちなみにですが高エネルギー体の事を俗に言う『神』と解釈してます

 

 

 

高エネルギー体、人によっては地主神と呼んだりもします。

そんな土地の神である高エネルギー体と繋がっておくと

利点しかないと福地は思ってます!!

 

 

何と言っても『運が良くなる』こと!!

さらに『土地に護られる』

一番は『周波数調整ができる!!』

 

 

そして最も見落としがちなのに超重要なのが

生まれ育った土地の高エネルギー体と繋がる事です!

(産土神社って言います)

 

 

福地の場合は生まれも育ちも青森県の津軽です。

なので岩木山と、とある山と、とある山と繋がってます。

(岩木山以外は山の名前が不明でして笑)

(そんだけ物心つく前からエネルギーを感じてる山です)

(それと自分の場合『海』辺の山も、『川』のある山も山と表現します)

 

 

さらにオススメなのが日本国のエネルギーと繋がっておくことを

強く強くオススメします!!!

(現代だからこそ尚更ね)

 

 

 

そこで今回は

出雲の神・エネルギーと繋がる遠隔気功

のお届けとなります!

 

 

出雲は2日間もかけて巡るわけですが

日程ごとの行き先も今回は告げておきます。

そして今回の開運遠隔気功は何日に繋がりたい!

というスタイルではなく『求めてるご利益』『テーマ』ごとにお申し込み可能となりました!

それをお申し込みフォームにてお知らせ下さい。

 

 

 

 

1日目:

須佐神社
(御祭神:須佐之男命(すさのおのみこと)稲田比売命(いなたひめのみこと)、足摩槌命(あしなづちのみこと)、手摩槌命(てなづちのみこと)

(ご利益:家内安全、子孫繁栄、良縁、陸海路交通安全、農業・漁業の繁栄、商業・畜産の繁栄、諸障退散、病疫平癒、延寿長命)

 

 


出雲大社
御祭神:大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
(ご利益:縁結び、安産、商売繁盛、夫婦和合、交通安全


 

 

命主社

御祭神:神皇産霊神(かみむすびのかみ))
(ご利益:殖産振興)

正式名称は「神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのかみのやしろ)」といって
天地開闢(世界のはじまり)の造化三神の一柱、神皇産霊神(かみむすびのかみ)が祀られている。
※ここが一番気になってる

 

 

 

真名井の清水

御祭神:弥都波能売神(みづはのめのかみ))
(ご利益:不明)

 

 

日御碕神社

御祭神:天照大神、素戔嗚尊)
(ご利益:結婚運、家庭運、厄除け)
※ここのお守りは厄除けにたいそう効果があると伺っております
※伊勢大神宮は日の本の昼の守り、出雲の日御碕清江の浜に日沈宮を建て日の本の夜を守らん】 (伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守る」) との神勅により祀ったのが始まりと言われています。

 

 

 

韓竈神社

御祭神:須佐之男命)
(ご利益:縁結び)

 

 

 

 

稲佐の浜 (行けたら行きます)

御祭神:豊玉毘古命(トヨタマヒコノミコト))
(ご利益:運気上昇)

 

 

 

 

2日目:

玉作湯神社

御祭神:櫛明玉神(クシアカルタマ) 、大名持神(オオナモチ)、少毘古那神(スクナヒコナ))
(ご利益:縁結び、子宝)

須我神社

御祭神:須佐之男命(すさのおのみこと)、稲田比売命(いなたひめのみこと)、清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと))
(ご利益:夫婦円満、児授かり、出産の守護と除災、招福の守護



 

 

熊野大社

御祭神:伊邪那伎日真名子加夫呂伎熊野大神櫛御気野命(いざなぎのひまなこかぶろぎくまぬのおおかみくしみけぬのみこと)(素盞嗚の別名))
(ご利益:金運、縁結び、)


 

 

八重垣神社
御祭神:素盞嗚尊(スサノオノミコト)、櫛稲田姫(いなたひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)、青幡佐久佐日古命(あおはたさくさひこのみこと)
(ご利益:特に「縁結び」 夫婦和合、授児、安産、厄難除、災難除)



 

 

神魂神社
御祭神:伊弉冊大神(イザナミ)、伊弉諾大神(イザナギ)
(ご利益:国家安泰、縁結び、子孫繁栄、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、厄除け、病気平癒、就職、受験)

 

 

 

六所神社
御祭神:伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)、天照皇大神(アマテラス)月夜見命(ツクヨミ)素盞鳴尊命(スサノオ)、大己貴命(オオナムチ)
(ご利益:出雲国総社としてここに参れば出雲国の主要神社すべてを回るのと同等、縁結び、商売繁盛)

 

 

揖夜神社
御祭神:伊弉冉命(イザナミ)
(国家安泰、子孫繁栄、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、厄除け、病気平癒、就職、受験)

 

 

美保神社(間に合えば)

御祭神:三穂津姫命(ミホツヒメ)、事代主神(コトシロヌシノカミ)
(国家安泰、農業、子孫繁栄、安全、豊漁、五穀豊穣、商売繁盛、福徳円満、開運、厄除け、病気平癒)

 

 

 

 

 

 

上記のエネルギーをお届けします!!

(パワースポット(vortex)ばかりでしょう)

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲は本当に滅多に行くことがない場所です。
是非この機会に出雲の神・エネルギーと繋がってみてください!

 

開運のヒントは東西南北の高エネルギーに自分のエネルギーを通すこと♪

 

 

 

【出雲の神・エネルギーと繋がる開運遠隔気功:詳細】

 

■日時:

4月11日23時00分から60分

4月12日23時00分から60分

 

 

 

■お繋ぎ料金(コース):

素盞嗚尊の情報空間と繋がるコース

10000円(税込)

須佐神社、日御碕神社、八重垣神社、熊野大社、須我神社、六所神社

 

良縁・恋愛結婚運コース

10000円(税込)

出雲大社、玉作湯神社、八重垣神社、神魂神社、六所神社、熊野大社、韓竈神社、日御碕神社

 

商売繁盛・金運コース

10000円(税込)

須佐神社、出雲大社、美保神社、熊野大社、揖夜神社、六所神社、命主社

 

健康・出産・長寿コース

10000円(税込)
出雲大社、日御碕神社、熊野大社、須我神社、玉作湯神社、八重垣神社

 

 

 

 

どのコースをお申し込みいただいても訪れた神社さんのエネルギーを送りますし、お繋ぎいたします。

コースごとにさらにご希望のテーマをカスタマイズしてお送りします。

 

 

 

2コースお申し込みの方限定プレゼント

お申し込みのテーマに関係するお守り(神社で購入できるその他の物)×1

 

 

3コースお申し込みの方限定プレゼント

お申し込みのテーマに関係するお守り(神社で購入できるその他の物)×2

 

 

4コースお申し込みの方限定プレゼント

お申し込みのテーマに関係するお守り(神社で購入できるその他の物)×3

その他にも開運グッズをお送りさせていだきます。

 

 

※対象者は発送先もご連絡ください

 

 

 

 

 

 

また、2コース以上をお申し込みの方には

4月4日に伺う名古屋の神社さん

1.笠寺観音(恋愛成就、縁結び)2.熱田神宮(五穀豊穣、学問成就、商売繁盛、家内安全)

3.洲崎神社(縁結び、厄除け、無病息災、商売繁盛)4.若宮八幡社(恋愛成就、縁結び)

5.大須観音(厄除け、家内安全、身体健康、商売繁盛、学業成就)

6.上野天満宮(学業、合格祈願、厄除け)7.城山八幡宮(良縁祈願、夫婦円満、縁結び)

8.高牟神社(恋愛成就、病気平癒、所願成就)

9.金(こがね)神社・山田天満宮(福徳円満、商売繁盛、金運)

10.桜天神社(学業成就、合格祈願)

以下は時間があれば

11.名古屋城(愛情運、家庭運、金運、家内安全、長寿、商売繁盛 )

12.徳川園(金運)13.豊国神社(合格祈願、出世運、子供の成長)

 

 

4月5日に伺う静岡の神社さん

福地神社(金運招福、商売繁盛、縁結び、五穀豊穣)

富士山本宮浅間大社(恋愛成就、学業成就金運アップ(富士山の龍脈の気が留まる龍穴))

 

 

この2日間のエネルギーも送らせていただきます。

 

お申し込みが4日より前の方には

4日の23時から60分間

5日の23時から60分間

当日中にやらせていただきます。

 

 

5日以降にお申し込みの方には

11日に4日の名古屋のエネルギー

12日に5日の静岡のエネルギーをお送りさせて位だきます。

 

 

 

 

今回もしかしたらわかりづらいかもしれませんので

理解できなかったらお申し込みフォームのコメント記入欄からご質問ください。

 

 

それではよろしくお願いします。

 

 

 

■申し込み方法:

下記の申し込みフォームからお願いします

 

https://ws.formzu.net/fgen/S47313412/

(間に合わなかったら終了後のお振込でも構いません)

 

本記事で使用した写真はhttp://www.izumo-kankou.gr.jpからお借りしました。

 

Facebook Comments

関連記事