Nov 26, 2015

腫瘍が完全になくなりました:気功の感想


こんにちは、気功師&コーチの福地真也です。

 

今回は気功を受けてくださった女性からの

感想になります。

 

それも1度限りの施術の感想ではなく、3年間の感想になります。

 

 

 

それではお読みください。

 

 

 

あたしは10年前に卵巣を摘出し、残った1つを大切にしていくことで特に女性として問題なく生活をしていました。

 

そんな中、何度目かの検査でもう片方にも腫瘍が現れ、徐々に大きくなりはじめました。

急速な異変の兆候は見られないため、薬を服用しつつ成長の過程をみるという医師の診断に従ってました。

 

大きくなれば「手術で摘出するしかない」「ホルモン投与をしなくてはいけない」ことも医師から聞いていましたが、

何より「2つの卵巣をなくしてしまうかもしれない」ということを考えれば考えるほど怖くて仕方がありませんでした。



そんな不安を抱きながらも徐々に大きくなる腫瘍と共存してる中、3年ほど前に福地さんと出会いました。

当初は福地さんが気功をしてることも全く知りませんでしたが、後に医療気功をしてるということを知りました。

正直、この頃のあたしは【気功】という世界には全く無縁でしたし怪しい気持ちもありましたし、疑いの気持ちもありました。(気功に携わってる方、すみません)
そして何より、男性に自分の身体のことを依頼するということにすごく抵抗がありました。


ですが、それまでにお会いして接する中で福地さんという人間を信頼してたので「これでダメなら仕方がない!」という覚悟で依頼しました。



当時の腫瘍の大きさは4.5cmでした。

あれから半年に一度の検査でも数ミリ大きくなったり小さくなったりを繰り返してました。

そして3年の時を経て今月の検査結果では腫瘍が完全になくなりました。


この3年、特に大きく何かを変えたわけではありません。

依頼した当初は「思い出した時でいいので部位に手をあててさすってあげてくださいね」とは言われてたものの2回くらいしかしてませんでした(笑)


今、振り返ると自分の中の意識が大きく変わったことが1つだけあります。

依頼する前に抱えていた「卵巣を全てなくすことへの不安」です。

自分が病を抱えてることは検査日の「半年に一度思い出すだけ」で、日常での病に関する不安感や恐怖心は一切なくなっていました。

 

ここ数年、欠かさず福地さんの遠隔気功も受け続けました。

何よりも福地さんを信頼し続けました。

(言葉にするとちっぽけですが無意識レベルでの信頼だと確信しています)



3年前のあの日「腫瘍をどうしたいですか?」の問いかけにあたしは「出来るならなくしたいです」

そう答えたとき、福地さんは「わかりました」とだけ応えてくださいました。

 

今思えばあの時に全ては決まっていたんですね。

3年というタイムラグを経て、最高の状態に導いてくださった福地さんに心から感謝しています。
本当にありがとうございました。


(40代女性Y.N)

 

lgf01a201411190100

 

 

別に福地の実力を誇示したいわけではなく、

ただただ腫瘍がなくなって良かった!!!

という気持ちでいっぱいです!!!

 

 

そして気功で治した!!とかを言いたいわけではなく、

「よく3年間も信じてくださいました!ありがとう!」

と言いたいのです。

 

 

これは完全にご自分で治したのです。

ご自分で気功を受け続ける!!という決断をなさったから

出た結果だと思います。

 

 

その過程にたまたま福地の気功があっただけ。

 

 

 

ご病気については代替医療だろうがなんだろうが

結果が一番重要です。

 

 

プロセスは二の次です!

 

 

 

 

今回のような感想を頂けるのが

気功師にとって一番の嬉しいご褒美です!!

 

 

 

こんな素敵な感想をもらえるように今後も気功を皆様にお届けいたします!

 

 

Facebook Comments

関連記事